スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

結婚祝いのマナー(数字の常識、いつ贈る?、海外挙式の場合は?)




お札について

汚れたものや折れ曲がった紙幣は厳禁!!必ず新札で贈ります。



数字に気をつけて

特に気をつけなければならない数は、「4」と「9」です。
4は「死」ともとれますし、「9」も「苦しむ」につながる数字
ですので絶対に避けましょう。
割れる(分れる)という意味合いから
割り切れる数の「6」もあまりおすすめできません。
同じ割り切れる数でも
「8」は末広がりと考えられ問題ありません。
「2」は以前は避けられがちでしたが最近は
「ペア」と考えるようになり、問題はないとされています。

例えばどうしても6万円のお祝いがしたい場合は
5万円のお祝い金と1万円程度のお祝い品を合わせれば解決です♪



いつ贈る?

最近はお祝い金を当日持参される方が多いようです。
本来、祝い金は事前に贈るのが正式です。
(正式には大安、先勝などの吉日の午前中に直接持参)

披露宴に出席しない場合でもお祝いは事前に贈るようにします。

異性の友人(新郎または新婦)に結婚祝いを贈る場合、
数人で一緒に贈るなら問題ありません。
しかし、個人的に贈るのは避けたほうが良いでしょう。
どうしても贈りたい場合は必ず、2人で使うものを贈りましょう。




身内だけの挙式など披露宴に招待されない場合のお祝いは
お付き合いの度合いによって微妙に変わってきます

自分の披露宴に出席していただいた方が海外で挙式された場合の
お祝いに悩む方も多いようです
通常、披露宴に出席する場合、友人なら3万円が相場です。
この中にはお料理、お飲み物、引き出物が含まれています。
自分の式で3万円のお祝いをいただいていたとしても
その分、費用はかかっているのですから
5千~1万円程度のお祝い品で充分でしょう。気持ちの問題ですね。

参考記事 海外挙式のご祝儀




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。